• HOME
  • 事業概要
  • イベント情報
  • 取組み
  • ロールモデル
  • 輝く女性研究者

斉藤 典子 准教授

斉藤 典子 准教授

「再発乳がん」の仕組みを解明 ~新しい診断・治療法開発に期待膨らむ~

 乳がんのホルモン療法を長期に受けることで、薬剤に耐性を持った癌が再発することがありますが、熊本大学発生医学研究所 細胞医学分野の斉藤典子准教授の研究グループが、なぜ乳がん細胞がホルモン療法に耐性になるのか、治療が効きにくくなるメカニズムを解明したと発表しました。また、乳がん細胞の増殖を抑える物質も発見、乳がんの新しい診断や治療法の確立につながるものだということです。
 この成果はイギリスの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版(2015年4月29日)に掲載されました。
 斉藤准教授によりますと、大半の乳がんは女性ホルモンの一種「エストロゲン」が、がん細胞を増殖させているため、治療法としてエストロゲンとその受容体の働きを阻害する薬剤を使うホルモン療法が使われています。しかし、この治療を続けると薬剤に耐性をもって再発し難治性になるため、その原因解明が待ち望まれていました。
 研究グループは、ホルモン療法が効きにくい状態にあるモデル細胞で実験を行った結果、受容体の遺伝子が活性化されていることと、それを促す非コードRNAを発見し「エレノア」と名付けました。さらに、がん細胞にポリフェノールの一緒「レスベラトロール」を加えると、エレノアと受容体が減って、がん細胞の増殖が止まることも確かめられました。
 斉藤准教授は「ホルモン療法が効きにくくなったら、エレノアを検出する診断方法が考えられる。また。レスベラトロールは、既にサプリメントとして使われている。治療薬の候補として期待したい。」と話しています。
 今回の研究成果は、エレノアの発見を契機として、乳がん細胞のホルモン療法への耐性化の仕組みを明らかにしたもので、今後の新しい診断法・治療法の開発に役立つと期待されています。
 本研究は、熊本大学発生医学研究所細胞医学分野の中尾光善教授、同大学院生命科学研究部乳腺・内分泌外科学分野の冨田さおり医師、岩瀬弘敬教授、九州大学医学研究院の大川恭行准教授らとの共同研究で行われました。

» 熊本大学プレスリリース




細胞核:遺伝子を使い分けるしくみの解明

 ヒトの体はおよそ200種類、60兆個の細胞からできています。そのひとつひとつの細胞には"核"という球状の小さな器官があり、そこには、細胞の性質を決めるゲノムDNAが納められています。同じ体であれば、例外を除いてどの細胞も同じゲノムDNAを持っています。ヒトゲノムにはおよそ2万5千個の遺伝子が暗号のように記載されていますが、一つの細胞内でその全てが使われているわけではありません。たとえば受精卵から個体に発生する際には、どんな細胞にもなり得る幹細胞が、様々な器官を構成する細胞に分化します。その過程で、それぞれの細胞(例えば神経、心臓、血液細胞など)に必要な遺伝子が選ばれて使われるようになります。この背景には、いわゆる"エピジェネティクス"があり、有名な分子メカニズムは、DNAのメチル化やDNAを取り囲むヒストンタンパク質の修飾などです。DNA配列は変化させずに、DNAやその周辺分子の状態を変化させることにより、遺伝子の発現パターン、ひいては、細胞の表現型を決定するしくみです。

 "エピジェネティクス"の新しい分子機構として注目されているのが、熊本大学 発生医学研究所 発生制御部門 細胞医学分野の斉藤典子(さいとうのりこ)准教授の研究対象である細胞核の3次元空間における遺伝子制御です。細胞核内は複雑で、核内構造体と呼ばれる様々な塊が顕微鏡で観察されます。これらはゲノムDNAの周辺にあって、遺伝子を発現させたり抑制するための蛋白質やRNA因子を蓄積している場で、常にダイナミックに変動します。発生、分化や脱分化の過程、また、がんを含む疾患で、核内構造体の形態が特徴的に変化します。斉藤准教授は、核内構造体がどのように作られるのか、遺伝子は核内でどのように配置されるのか、など広義のエピジェネティクスの分子基盤と、核の構造変化と分化や疾患との関わりについて研究をすすめています。
 こうした研究成果は以下のような論文で発表されています。

 参考文献;Saitoh, N. et al. Mol. Biol. Cell 23: 1115-1128, 2012., Aoto, T. et al. Dev. Biol. 208: 354-367, 2006. Saitoh, N., et al. EMBO J. 19: 2315-2322, 2000. など。

 斉藤准教授は、米国ジョンズホプキンス大学大学院医学部の博士課程を修了し、その後NIH/NIDDK、Cold Spring Harbor Laboratoryで研究員として過ごされました。当時日本では男性優位が当たり前という時代でしたが、家族や周囲の助けがあり、日本を離れて米国の地で、余計な心配をすることなく研究に取り組まれ、人々の深い思想や哲学、多国籍文化に触れ、世界各国からの若くて意欲的な研究者達や、権威のような先生方とフランクに交流できたことはとても幸運だった、と振り返られています。さらに、斉藤准教授は「現在日本は、グローバリズムや女性の社会進出が推進される時代を迎えました。こうした変化は熊本大学、そして日本の将来にとってよい影響を及ぼすと思います。親細胞が娘細胞にきちんとゲノムDNAを受け渡すように、今まで私がいただいたご指導や支援のありがたみを、私なりの"エピジェネティック"な効果も加える形で、学生や後輩、同輩に伝えられれば幸いです。」と話されました。

斉藤典子准教授 (細胞医学分野)が新学術領域研究の計画研究に採択されました。

研究領域名: 動的クロマチン構造と機能 
      (領域代表:胡桃坂仁志、研究期間:平成25~29年度)

研究課題名: 核内構造体とのインタープレイによるクロマチン動構造の制御
      (斉藤典子)

 

   新聞の掲載記事をPDF形式でご覧いただけます。

 NEW 「再発乳がん」解明 【掲載年月日:2015年4月30日(369KB)】

     完全なiPS細 胞認識手法を開発 【掲載年月日:2014年11月12日(211KB)】

  

   ※熊本日日新聞社提供

 

斉藤 典子 准教授
熊本大学発生医学研究所 発生制御部門 細胞医学分野
» 研究内容等の詳細についてはこちらをご覧ください

  • 男女共同参画への取り組み
  • 大学コンソーシアム熊本