• HOME
  • 事業概要
  • イベント情報
  • 取組み
  • ロールモデル
  • 輝く女性研究者

堀部 典子 准教授

堀部 典子 准教授

「農業情報データマイニング」

 近年、日本の農業では、農業従事者の高齢化や新規農業従事の減少が問題となっており、これらの問題を解決するためにIT技術を活用する試みが活発化しています。特に、農作物の栽培環境データをセンサで収集して管理するためのクラウドサービスやセンシング技術については、多くの企業が活発に研究・開発を行っており、実用化されているものも数多く存在します。しかし、一方で、収集された環境データを有効に活用するための手法の開発は未だ不十分です。特に、栽培環境データにデータマイニングを適用するための研究については、様々な手法で進められていますが、それらの多くは水耕栽培等の特定の栽培環境下でのみ有効な手法となっており、一般的な露地栽培や個人経営の農家での活用には適していません。

 そこで、崇城大学情報学部情報学科の堀部典子准教授の研究チームは、個々の農地や栽培方法の特性を明確化し、環境特性を最大限に生かした栽培計画を立てることによって、農作業に必要な人的コストの軽減や農作物の品質向上につながる環境制御方法をみつけることを目指した研究を行っています。

 この研究では、①農作物栽培実験の実施、②農業技術モデルの構築、③特殊な栽培環境・技術の発見、④関連システムの開発の4つのテーマを掲げて研究活動を行っています。崇城大学内に、ハウスや水耕栽培等の農作物栽培環境とコンピュータネットワークを介したデータベースへのデータ収集の仕組みを構築し、収集されたデータを用いた農業情報のデータマイニング技術の開発を行っています。熟練農業従事者のもつ高度な農業技術は複雑で表現が困難なものが多く、それらの技術を適切に表現できるモデルを構築することが、次世代の農業従事者への技術継承のサポートシステムを実現するためには不可欠です。また、環境変化に伴う農作物栽培計画の立案・改善をサポートするために、個々の農地の栽培環境の特徴を数値化して評価し、環境に適した作物を選択できる仕組みの実現を目指したアルゴリズムとシステムの開発を行っています。

 本研究は、崇城大学の青木振一教授との共同研究として実施されています。また、崇城大学のアハラリ アリレザ准教授と協同で2013年度から2年間、国際会議「IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics」 でIT農業に関する研究を対象としたスペシャルセッションを開催し、さらに2015年には、 IT農業に関する国際会議「International Conference on Information and Communication Technologies in Agriculture」を開催しました。堀部准教授は「今後も,農業技術の継承と発展に貢献できる情報技術の開発を目指して、研究と教育に取り組んでいきたい」と話しています。



堀部 典子 准教授
崇城大学情報学部情報学科

  • 男女共同参画への取り組み
  • 大学コンソーシアム熊本