妊娠中の方・子育て中の方へ

病児保育事業

育児中の本学教職員が、子どもが病気の場合でも勤務できるよう、「病児保育」利用に対する支援を行っています。

支援の対象は、小学校就学前の子どもがいる本学教職員です。

  • 常勤・有期雇用を問いません。また、性別は問いません。
  • 夫婦ともに本学教職員の場合、夫婦それぞれで応募することも可能ですが、支援の採択はいずれか一方となります。

支援は、
①市町村で実施している病児・病後児保育施設等<
②熊本大学病院病児保育室(Mimi)
を利用した場合、
子ども1人につき3回(① ②合わせて)まで、利用料の支援を実施します。

なお、子どもが複数人いる場合は、家庭内でその利用回数の共有ができます。
例:子ども2人の場合、最大利用回数は6回(=2人×3回)となり、この6回を2人の子どもで利用することができます。
(子ども1が4回、子ども2が2回の利用でもよい)

例年、4月下旬頃に全学メール及び連絡掲示板にて当該年度の募集に関する詳細をお知らせします。