男女共同参画への取り組み
ホーム > イベント情報 > 男女共同参画推進フォーラム

イベント情報

男女共同参画推進フォーラム
「男女共同参画社会の形成と大学」
を開催しました

 12月20日、九州大学理事の菊川律子氏を迎え、男女共同参画推進フォーラムを開催しました。

 第一部では、「男女共同参画社会の形成と大学」と題し、菊川氏自身のこれまでの経験談や、九州大学において実施されている男女共同参画推進のための取り組みなどについて講演が行われました。例えば、九州大学では、搾乳・授乳等を行ったり横になったりすることができるよう伊都キャンパス内に休養室を設置していることや、女性助教限定で、産休開始時より、全学で留保しているポイントを利用して代替教員を雇用することのできる制度が取り入れられていることなどについて紹介され、参加者も熱心に耳を傾けていました。

 続く第二部では、谷口功熊本大学長や理事等を交え、「学長を囲む女性研究者等の意見交換会」を実施しました。意見交換会に出席した女性教職員からは、九州大学の取り組みへの質問や、女性研究者ならではの悩みについて発言があったほか、学長への要望が出されるなど、活発に意見が交換されました。また、毎年実施している同意見交換会については、女性研究者のネットワーク構築の一助ともなることから、参加者からは、今後も継続して実施してほしい旨発言があるなど、盛会のうちに終了しました。

<第一部・ご講演中の菊川九州大学理事>

第一部・ご講演中の菊川九州大学理事

<第二部・学長を囲む女性研究者等の意見交換会>

第二部・学長を囲む女性研究者等の意見交換会