男女共同参画への取り組み
ホーム > イベント情報 > 科学技術研究に興味をいだく女子中高生のための相談デスク

イベント情報

科学技術研究に興味をいだく女子中高生のための相談デスク

◎ 熊本大学(本荘・九品寺地区)学園祭の実験体験

 熊本大学では、優秀な科学技術研究者の育成を最重要課題として掲げており、女性研究者にも大いなる期待を寄せています。
 しかしながら、科学技術研究者の各世代・職層の男女比などを分析すると、その期待とは裏腹に女性の能力が活かしきれていない現状が浮き彫りになっています。
 このような中、本学では、文部科学省が公募した科学技術振興調整費の課題プログラム「女性研究者支援モデル育成」事業に応募し、全国で10校採択されたうちのひとつとして今年度から男女共同参画企画事業を開始しております。
 上記の事業の一環として、この度、熊本大学本荘九品寺地区で開催される学園祭(本九祭)の催しの中で、男女共同参画企画として、次世代を担う児童生徒向け(一般の参加も可)の実験体験と、科学技術研究に興味をいだく女子中高生を対象とした相談デスクを設けます。

<催し内容>

  1. 「生命の不思議:動物の発生をみる」細胞や組織標本の顕微鏡観察等
    日  時 平成18年11月3日(金)〜4日(土) (両日とも11時から17時まで)
    場  所 発生医学研究センター 1階 カンファレンス室
  2. 「科学技術研究に興味をいだく女子中高生のための相談デスク」
    日  時 平成18年11月3日(金)〜4日(土) (両日とも3回に分けて開設)
    場  所 発生医学研究センター 1階 カンファレンス室
    時間帯
  3. 講演 「体内時計とうまくつきあう」
    講 師  発生医学研究センター 粂 和彦 助教授
    日 時  平成18年11月3日(金)  13時30分から15時まで
       (日本テレビ番組「世界一受けたい授業」に出演有り)
    場 所  医学部基礎研究棟 1階 第一講義室